廃車になったとしても諦めない!買取で少しでも高くするためのちょっとした知識を紹介

このサイトでは廃車を高く買い取ってもらうための知識を紹介しています。
日本では年式や走行距離が一定を超えると中古車としての価値がなくなります。
しかし、日本では価値のない車でも海外からみると現役で走れる車は少なくありません。
また、不動車などの解体してししまうしかない状態の悪い車でも、再利用できる部品や鉄くずとして資源価値を見出すこともできます。
車の価値を知ることによって、損をしない処分ができるでしょう。

廃車になったとしても諦めない!買取で少しでも高くするためのちょっとした知識を紹介

廃車というと一般的には自動車を解体して、車籍を抹消してしまう手続きのことをいいます。
永久抹消登録ともいいますが、これには費用がかかります。
費用内訳で高くつくのは主に解体費用で1万円~2万円、レッカーが必要なら運搬費として5千円~1万円がかかってくるでしょう。
また、代行業者に廃車手続きを依頼すれば、さらに手数料が発生します。
そこで多くの方が利用するのは廃車買取りです。
廃車買取りを利用することで、海外中古車の需要や部品や資源の価値から値段がつけられお得に処分ができるでしょう。

廃車は買取してもらえないと言うのは間違い

廃車にする車両は買い取ってもらえないイメージを持つ人が少なくありませんが、これは大きな間違いです。
このような車両は、廃車買取を行っている店に依頼すれば、少額ではあるものの値がつき、売却に応じてくれます。
廃車となるような車は通常、車体全体としてはほとんど価値がないとされます。
しかし、それは日本国内で使用されることを想定した場合のものです。
もし、自走可能であれば、国内では法律の規定で走らせることができなくても、国外の自動車販売業者に売却して利益を得るという方法をとれる可能性があるため、ある程度の値段をつけて買い取ってくれます。
また、自走ができない状態であっても、部品単位でみると利用可能なパーツが含まれていることが少なくありません。
廃車買取を行う店では、自走不可能と思われる車両に対しては、車体全体ではなく、車を構成する部品単位で査定を行って価格を出します。
提示される価格は安いかもしれませんが、所有者自身で抹消登録手続きをする場合に出費が発生することを考えれば、処分をすると現金を得られるのはお得といえます。

廃車の買取なら専門業者に依頼すべき

自動車の処分には中古車買取業者を利用する方が多いですが、中古車として販売するのが難しくなった車は廃車買い取りを選ぶといいでしょう。
中古車販売が難しい車というと事故や水没などにより動かなくなった状態、さらに低年式車や過走行車も含まれます。
動く状態であっても低年式や過走行は値段がつかないものも多くあるため、この場合はすべて廃車扱いになります。
廃車を買い取ってもらうなら、廃車買取専門業者を利用するのがおすすめです。
なぜなら専門業者は、再利用できるパーツ、金属、海外販売の販路を持っているという特徴があるため高値での買い取りが期待できるからです。
また、仮に値段がつかなかったとしても無料の引き取りや書類代行手続き等も請け負っているため、処分する手間がかかりません。
ただしサービス内容は業者によるので、どこまで対応してもらえるのか事前に確認が必要です。
実績のある業者を探して、まずは査定を依頼してみましょう。

廃車は下取りでは価格がつかないので買取が得

車の買い替えを検討しているとき、以前の自動車は下取りで処分する方も少なくはありません。
自動車販売店で手続きができるので処分と購入が同時にできて手間がなく便利ですが、不動車の場合はどうなのでしょう。
不動車は事故や水没などによって自走できなくなった車、いわゆる廃車になります。
軽い故障で修理すれば問題なく使用できる、車検切れで法的に公道を走行できないだけならともかく、残念ながら下取りでは中古車としての価値を求めているので廃車の引き取りは不可能です。
仮に引き取りをお願いしても、廃車手続きにかかる費用が請求される可能性のほうが高いでしょう。
そこで利用したいのは廃車買取りです。
処分と購入を別の店舗で行うので手間はありますが、処分費用を請求されることはなく、むしろお金をもらって処分できます。
自走可能の車でも年式や走行距離によっては下取ってもらうのは難しいですが、買い取りならわずかでも金額がつくことが期待できます。

廃車の買取は資源としての価値が重要

廃車の買取で価格に影響するのは、外観や状態といったものよりも、資源としての価値があるかどうかに尽きるのではないでしょうか。
通常であればボディの傷や足回りの汚れ、エンジン音やバッテリーの劣化具合、車内のニオイなどが査定で評価されます。
それは中古車として商品化され販売するのが前提だからで、資源の活用を前提とする廃車とは根本的に異なります。
廃車はどちらかといえば、使用されている金属の種類と量やパーツの分解のしやすさ、金属の買取価格などが査定に影響します。
廃車はもう乗ることができませんし、復活を前提に査定することはあり得ませんから、評価が行われる対象が違うわけです。
つまり売却を検討する人はどう見られて評価されるかを理解すること、通常とは基準が異なることに納得が必要です。
幸いなことに、全く価値がないと評価されることはまずありませんし、必ず何らかの再利用ができる価値が見つかりますから、少なくとも確実に現金化できるのではないでしょうか。

廃車買取に関する情報サイト
廃車買取のまとめサイト

このサイトでは廃車を高く買い取ってもらうための知識を紹介しています。 日本では年式や走行距離が一定を超えると中古車としての価値がなくなります。しかし、日本では価値のない車でも海外からみると現役で走れる車は少なくありません。 また、不動車などの解体してししまうしかない状態の悪い車でも、再利用できる部品や鉄くずとして資源価値を見出すこともできます。 車の価値を知ることによって、損をしない処分ができるでしょう。

Search